脚本家との相性抜群…綾瀬はるか「義母」は“逃げ恥”超えも

公開日:  更新日:

 綾瀬はるか(33)主演ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)がじわじわと視聴率を上げ、7日放送の第5話で番組最高の13・1%を記録。5回平均12・1%で、夏の連ドラ暫定首位の「遺留捜査」(テレビ朝日=木曜夜8時)と並んだ(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 綾瀬が演じるのは“デキすぎる”キャリアウーマンの亜希子。妻と死別し、幼い娘と生きるサラリーマンの良一(竹野内豊)の後妻となり、娘の新しいママになる、というヒューマンドラマだ。

「ビジネスの論理を散りばめて行動する亜希子の浮きっぷり。そんなコメディータッチだった序盤から、実は良一が余命わずかで、愛する娘をひとりにさせたくないという思いから娘の母親として亜希子を妻にした、という事実が明らかになった第4話を経て、7日の第5話です。“第2章”へ向かう流れの中で最高視聴率を出したのは、理想的なパターンですね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る