脚本家との相性抜群…綾瀬はるか「義母」は“逃げ恥”超えも

公開日:  更新日:

 綾瀬はるか(33)主演ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS=火曜夜10時)がじわじわと視聴率を上げ、7日放送の第5話で番組最高の13・1%を記録。5回平均12・1%で、夏の連ドラ暫定首位の「遺留捜査」(テレビ朝日=木曜夜8時)と並んだ(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 綾瀬が演じるのは“デキすぎる”キャリアウーマンの亜希子。妻と死別し、幼い娘と生きるサラリーマンの良一(竹野内豊)の後妻となり、娘の新しいママになる、というヒューマンドラマだ。

「ビジネスの論理を散りばめて行動する亜希子の浮きっぷり。そんなコメディータッチだった序盤から、実は良一が余命わずかで、愛する娘をひとりにさせたくないという思いから娘の母親として亜希子を妻にした、という事実が明らかになった第4話を経て、7日の第5話です。“第2章”へ向かう流れの中で最高視聴率を出したのは、理想的なパターンですね」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る