碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「義母と娘のブルース」 笑わない綾瀬はるかがクセになる

公開日:

 約10年前、業界トップの金属会社で、やり手の部長だった岩木亜希子(綾瀬はるか)。彼女が突然、ライバル社の宮本良一(竹野内豊)と結婚する。しかも夫には8歳の娘・みゆき(横溝菜帆)がいた。このドラマは成長したみゆき(上白石萌歌、現在はナレーション)が語る、「義母」と家族をめぐる物語だ。

 最大の見どころは、やはり亜希子のキャラクターだろう。「キャリアウーマン」なる言葉自体がすでに懐かしいが、亜希子には「バリバリのキャリアウーマン」という当時の表現がよく似合う。何しろ初めてみゆきに会った時も名刺を差し出した人だ。家庭も含め、何でも会社や仕事に見立ててしまう。結婚後も、ここぞという勝負では紺のスーツと銀色のアタッシェケースで出撃だ。

 先週のお話は、運動会の運営を通じてPTAのあり方を問うというもの。君臨する会長の矢野(奥貫薫)に向かって、自分ひとりで運動会を成立させると宣言し孤軍奮闘する。途中から保護者だけでなく子供たちも協力して、運動会は無事に終わった。

 長いものには巻かれ、強いヤツには逆らわない親の背中を、「大事な一人娘に見せたくない」と亜希子。同時に、キャリアウーマンを目指しながら果たせなかった矢野を、そのトラウマから救う。このあたり、森下佳子の脚本の冴えだ。また、「笑わない綾瀬はるか」も結構クセになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る