東京五輪でダンスブーム到来も…振付師が抱えるギャラ問題

公開日:

 東京五輪に向け、振付師(コレオグラファー)の需要が高まっている。五輪まであと2年を切り、数々のセレモニーやイベントが行われており、オープニングを飾るダンスパフォーマンスが増えているのだ。今回、野村萬斎らの「東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」にPerfumeの振り付けで有名なMIKIKO(41)も参画。MIKIKOはデジタルアートを駆使した舞台構成で日本のダンスパフォーマンスの世界観を変えたと評価が高い。他には、登美丘高校の「バブリーダンス」で一世を風靡したakane(26)、北野武の「座頭市」のタップダンスで有名なHIDEBOH(50)、YouTubeでブレークし海外アーティストとのコラボで活躍するユニットair:manなどがその代表格である。

 これに加え、LDHのHIRO(49)など、自社で広くスタジオ展開している“組織型”もある。TRFでミリオンセラーを記録、コレオグラファーという職業名を国内に広めた草分け的存在のSAM(56)もダンススタジオ経営のほか、専門学校の講師としても活動しており、活躍が期待されている。組織型の魅力は“機動力”にある。大勢の生徒を抱えているので、多数のダンサーを即時に集められ、生徒はノーギャラでも喜んで参加。低予算で大人数を起用したい主催者側には好都合というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る