• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪でダンスブーム到来も…振付師が抱えるギャラ問題

 東京五輪に向け、振付師(コレオグラファー)の需要が高まっている。五輪まであと2年を切り、数々のセレモニーやイベントが行われており、オープニングを飾るダンスパフォーマンスが増えているのだ。今回、野村萬斎らの「東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」にPerfumeの振り付けで有名なMIKIKO(41)も参画。MIKIKOはデジタルアートを駆使した舞台構成で日本のダンスパフォーマンスの世界観を変えたと評価が高い。他には、登美丘高校の「バブリーダンス」で一世を風靡したakane(26)、北野武の「座頭市」のタップダンスで有名なHIDEBOH(50)、YouTubeでブレークし海外アーティストとのコラボで活躍するユニットair:manなどがその代表格である。

 これに加え、LDHのHIRO(49)など、自社で広くスタジオ展開している“組織型”もある。TRFでミリオンセラーを記録、コレオグラファーという職業名を国内に広めた草分け的存在のSAM(56)もダンススタジオ経営のほか、専門学校の講師としても活動しており、活躍が期待されている。組織型の魅力は“機動力”にある。大勢の生徒を抱えているので、多数のダンサーを即時に集められ、生徒はノーギャラでも喜んで参加。低予算で大人数を起用したい主催者側には好都合というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る