東京五輪でダンスブーム到来も…振付師が抱えるギャラ問題

公開日:

 東京五輪に向け、振付師(コレオグラファー)の需要が高まっている。五輪まであと2年を切り、数々のセレモニーやイベントが行われており、オープニングを飾るダンスパフォーマンスが増えているのだ。今回、野村萬斎らの「東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」にPerfumeの振り付けで有名なMIKIKO(41)も参画。MIKIKOはデジタルアートを駆使した舞台構成で日本のダンスパフォーマンスの世界観を変えたと評価が高い。他には、登美丘高校の「バブリーダンス」で一世を風靡したakane(26)、北野武の「座頭市」のタップダンスで有名なHIDEBOH(50)、YouTubeでブレークし海外アーティストとのコラボで活躍するユニットair:manなどがその代表格である。

 これに加え、LDHのHIRO(49)など、自社で広くスタジオ展開している“組織型”もある。TRFでミリオンセラーを記録、コレオグラファーという職業名を国内に広めた草分け的存在のSAM(56)もダンススタジオ経営のほか、専門学校の講師としても活動しており、活躍が期待されている。組織型の魅力は“機動力”にある。大勢の生徒を抱えているので、多数のダンサーを即時に集められ、生徒はノーギャラでも喜んで参加。低予算で大人数を起用したい主催者側には好都合というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る