東京五輪でダンスブーム到来も…振付師が抱えるギャラ問題

公開日: 更新日:

 東京五輪に向け、振付師(コレオグラファー)の需要が高まっている。五輪まであと2年を切り、数々のセレモニーやイベントが行われており、オープニングを飾るダンスパフォーマンスが増えているのだ。今回、野村萬斎らの「東京2020開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム」にPerfumeの振り付けで有名なMIKIKO(41)も参画。MIKIKOはデジタルアートを駆使した舞台構成で日本のダンスパフォーマンスの世界観を変えたと評価が高い。他には、登美丘高校の「バブリーダンス」で一世を風靡したakane(26)、北野武の「座頭市」のタップダンスで有名なHIDEBOH(50)、YouTubeでブレークし海外アーティストとのコラボで活躍するユニットair:manなどがその代表格である。

 これに加え、LDHのHIRO(49)など、自社で広くスタジオ展開している“組織型”もある。TRFでミリオンセラーを記録、コレオグラファーという職業名を国内に広めた草分け的存在のSAM(56)もダンススタジオ経営のほか、専門学校の講師としても活動しており、活躍が期待されている。組織型の魅力は“機動力”にある。大勢の生徒を抱えているので、多数のダンサーを即時に集められ、生徒はノーギャラでも喜んで参加。低予算で大人数を起用したい主催者側には好都合というわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  3. 3

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  4. 4

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  5. 5

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  6. 6

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    片山さつき氏が都知事選出馬に色気?動画で小池都知事批判

  9. 9

    最も一緒に飲んで一緒に遊んだ 山城新伍は愛すべきダチ公

  10. 10

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る