腐っても元NHK セクハラ醜聞の登坂淳一アナに“復活”の兆し

公開日:

 28日放送「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系)に元NHKアナウンサーの“麿”こと、登坂淳一(47)が出演した。今年フリーに転身し、春からはフジテレビの夕方のニュースの顔になるはずだったが、セクハラ報道でご破算に。自業自得とはいえ、人生設計が大幅に狂ってしまったが、心なしか自慢の白髪もより白くなったような……。

 登坂は日本画家・大橋翠石の掛け軸を持参。「買ったかもらったかわからないが、30万円で買い取ると言われた」と期待するも、鑑定結果は5000円と残念な結果に。ここでは見る目と運のなさが露呈してしまった。

「登坂は8月6、13日深夜、2週にわたり、同じテレ東系で『人生を諦める技術』という単発番組のMCもやりました。『いかに人生を諦めるか』をテーマにした教養講座のようなバラエティーでしたが、そつのない進行ぶりはさすが。ホリプロもフジでの損失を取り返そうと、本腰を入れてプッシュすると思われます」(芸能ジャーナリスト)

 腐っても元NHK。出番が増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る