池上無双に完敗し…テレ東を臆面もなくパクる他局の神経

公開日:

 テレビ各局が視聴率を競う選挙特番は、ジャーナリスト池上彰氏(67)をメインキャスターに起用したテレビ東京系「池上彰の総選挙ライブ」が平均視聴率9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で民放トップ。13年の参院選、14年の衆院選、16年の参院選に続き、池上氏&テレ東は国政選挙での特番4連覇となった。

 各局とも人気ジャーナリストやキャスターを起用し、いずれも打倒池上を掲げたが、フタを開けてみれば新味に乏しく、「テレ東のパクリか」との声が上がる企画ばかり。一方のテレ東はといえば、今回は池上氏の発案による新企画「政界“悪魔の辞典”」を打ち出し、事情を知悉している同氏ならではの独自の切り口での豆知識が好評でさらにリードを広げたもようだ。

 しかしながら、情けないのはテレ東以外の民放だろう。フジテレビは露骨に池上氏を引き抜こうとして一蹴されたそうだし、打倒池上ならば、独自企画を出して勝負すればいいのに、議員の人柄や面白いエピソードを伝えるミニ紹介コーナーなどテレ東の猿マネばかりとは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る