元NHK登坂アナ フジ4月番組起用の裏に“同世代アナ”の直訴

公開日: 更新日:

「2018年。私は“1”から“8”に転身し、新しく挑戦しながら元気の出る放送を温かくお届けしていきます!」――。

 20年勤めた古巣のNHKを今月11日付で退社。公家っぽい見た目と語り口から「麿(まろ)」の愛称で親しまれた登坂淳一(46)アナウンサーの電撃フリー転身が発表された。

 辞める直前までNHKのHPでは大河ドラマ「西郷どん」の放送が始まることに触れ、〈私も、西郷隆盛についていろいろなことを勉強しながら鹿児島の皆様と一緒に盛り上げていきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願い致します!〉などと局アナらしいPRコメントをアップしていたが、視線は東京を向いていたようだ。

 すでに大手芸能事務所「ホリプロ」に所属しており、フリー一発目の仕事は8チャンネルで決まっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  6. 6

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る