大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

山崎努と樹木希林が夫婦役「モリのいる場所」ヒットの理由

公開日:

 映画館にスッ飛んでいった。筆者が慌てて劇場に足を運ぶときは、意外なヒット作が生まれている場合が多い。今回もそうだ。山崎努と樹木希林が夫婦を演じた「モリのいる場所」である。平日昼の12時台の回、シネスイッチ銀座が満席であった。年配の女性が大半を占める。

 97歳で亡くなった伝説の画家・熊谷守一の最晩年の1日を描く。熊谷は、30年もの間、自分の家から出ていないという設定だ。彼は庭にあるモノや生息する生き物たちに目を凝らす。アリの最初の足の出方を指摘するくだりなど尋常な観察眼ではない。そのこだわりは絵を描くためというより、彼の生き方に強く関わりがあるように感じた。

 すでに巨匠なので、絵画を所望する人、看板に彼の字体で旅館の名前を書いてもらおうとする人などで家はごった返す。妻役の樹木がまた、絶妙な間合いで熊谷と入り乱れる人たちの間をとりもつ。ユーモアも存分にあるので、見終わって体全体に力の泉が湧いてくる清涼剤を飲んだごときだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

もっと見る