姉妹で芸能人だとなぜ妹ばかりが活躍? 島田裕巳氏が分析

公開日: 更新日:

 広瀬アリス(23)とすず(20)、浅田舞(30)と真央(28)、有村藍里(28)と架純(25)……姉妹で活躍する芸能人は多いが、大活躍の妹に比べ、姉がパッとしないことがなぜか多い。

 広瀬姉妹の場合、姉のアリスは昨年度の朝ドラ「わろてんか」で、ミスワカナをモデルにしたリリコを演じ存在感を見せたが、17年度CM契約が14社だったすずには遠く及ばず。

 スポーツキャスター&タレントの浅田舞の場合は真央のエピソード込みでの仕事ばかりで、妹頼みが続いている。有村藍里に至っては、もともと「新井ゆうこ」名義で活動していて、妹の恩恵にあずかる魂胆(?)ミエミエの改名をした。妹に似せるために整形をしたと告白するなど妹を超えるのは無理そうだ。

 この落差に関して、きょうだいを生まれ順――第1子、真ん中っ子、末っ子などに分けて、相性を研究している宗教学者の島田裕巳氏は「甘え上手の末っ子は芸能人向きで、アイドルや芸人には末っ子が多い」と分析している。逆に第1子は仕切り屋として一家を背負う役割があるため、自分が思っていることを口に出したりしない損な役回りを担うことが多いという。第1子の姉はそもそも目立ちたがりの芸能人には向いていないということだろう。

 アリス、舞、藍里はこの姉妹のハンディを乗り越えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る