姉妹で芸能人だとなぜ妹ばかりが活躍? 島田裕巳氏が分析

公開日:

 広瀬アリス(23)とすず(20)、浅田舞(30)と真央(28)、有村藍里(28)と架純(25)……姉妹で活躍する芸能人は多いが、大活躍の妹に比べ、姉がパッとしないことがなぜか多い。

 広瀬姉妹の場合、姉のアリスは昨年度の朝ドラ「わろてんか」で、ミスワカナをモデルにしたリリコを演じ存在感を見せたが、17年度CM契約が14社だったすずには遠く及ばず。

 スポーツキャスター&タレントの浅田舞の場合は真央のエピソード込みでの仕事ばかりで、妹頼みが続いている。有村藍里に至っては、もともと「新井ゆうこ」名義で活動していて、妹の恩恵にあずかる魂胆(?)ミエミエの改名をした。妹に似せるために整形をしたと告白するなど妹を超えるのは無理そうだ。

 この落差に関して、きょうだいを生まれ順――第1子、真ん中っ子、末っ子などに分けて、相性を研究している宗教学者の島田裕巳氏は「甘え上手の末っ子は芸能人向きで、アイドルや芸人には末っ子が多い」と分析している。逆に第1子は仕切り屋として一家を背負う役割があるため、自分が思っていることを口に出したりしない損な役回りを担うことが多いという。第1子の姉はそもそも目立ちたがりの芸能人には向いていないということだろう。

 アリス、舞、藍里はこの姉妹のハンディを乗り越えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る