姉妹で芸能人だとなぜ妹ばかりが活躍? 島田裕巳氏が分析

公開日: 更新日:

 広瀬アリス(23)とすず(20)、浅田舞(30)と真央(28)、有村藍里(28)と架純(25)……姉妹で活躍する芸能人は多いが、大活躍の妹に比べ、姉がパッとしないことがなぜか多い。

 広瀬姉妹の場合、姉のアリスは昨年度の朝ドラ「わろてんか」で、ミスワカナをモデルにしたリリコを演じ存在感を見せたが、17年度CM契約が14社だったすずには遠く及ばず。

 スポーツキャスター&タレントの浅田舞の場合は真央のエピソード込みでの仕事ばかりで、妹頼みが続いている。有村藍里に至っては、もともと「新井ゆうこ」名義で活動していて、妹の恩恵にあずかる魂胆(?)ミエミエの改名をした。妹に似せるために整形をしたと告白するなど妹を超えるのは無理そうだ。

 この落差に関して、きょうだいを生まれ順――第1子、真ん中っ子、末っ子などに分けて、相性を研究している宗教学者の島田裕巳氏は「甘え上手の末っ子は芸能人向きで、アイドルや芸人には末っ子が多い」と分析している。逆に第1子は仕切り屋として一家を背負う役割があるため、自分が思っていることを口に出したりしない損な役回りを担うことが多いという。第1子の姉はそもそも目立ちたがりの芸能人には向いていないということだろう。

 アリス、舞、藍里はこの姉妹のハンディを乗り越えることができるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  8. 8

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  9. 9

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る