ゴジラや真央も支援 大谷とJAL「サポート契約」の中身

公開日: 更新日:

「チームの主力として出られるように、しっかりとアピールしていきたい」――。

 エンゼルス・大谷翔平(23)が1日、メジャー1年目のキャンプに向けて成田空港から渡米。出発を前に行われたセレモニーでは「自分の夢に向かって一歩一歩頑張っていきたい」と、あらためて二刀流の実現に意欲を見せた。

 この日は合わせて、日本航空と「サポート契約」を交わしたことが発表された。これまで、元ヤンキースの松井秀喜、男子テニスの錦織圭、女子フィギュアスケートの浅田真央らも契約、同社の支援を受けている。

 広報担当者によれば、日米間の移動、荷物の輸送を同社が請け負う。契約は複数年で、具体的な金額は明かせないとしているが、年間の搭乗回数に上限が設けられているという。

「年間の金額換算になり、ファーストクラスでは限られた回数になりますが、エコノミークラスだと(搭乗回数は)増えます。座席(のグレード)は大谷選手に自由に選んでいただけます。急な帰国や渡米にも対応いたします」と広報担当者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る