長谷川朝晴さん語る 松平健さんがくれた幻の焼酎の思い出

公開日: 更新日:

 ドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍中の長谷川朝晴さん。酒は毎晩欠かさず、よく飲むのは赤ワインに芋焼酎のソーダ割り。日本酒もイケる口だ。

「持っていっていいぞ」

 松平健さんがこうおっしゃったんです。

 今から11、12年前。食事をごちそうになった、健さんのご自宅でした。思わず「本当ですか」って聞き返してしまいました。というのも当時、“幻の”といわれ、入手困難だった芋焼酎の「森伊蔵」だったからです。しかも、その日に口開けしたばかりの一升瓶! 同席した5、6人で少し飲んでいましたが、丸ごといただきました。

 今でこそ値段は落ち着いてはきているようですが、その頃はかなりのプレミアがついていて、おいそれと飲める酒ではありません。それをポンとくださったんですから、健さん、太っ腹です。うれしさのあまり、抱えるように持って帰宅しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  3. 3

    関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか

  4. 4

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  5. 5

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  6. 6

    「いだてん」視聴率ワースト更新で大河ドラマ存続の危機

  7. 7

    三谷幸喜も信頼 小池栄子“アンチなし”全世代人気のワケ

  8. 8

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    避難所でホームレスを追い返す 台東区職員のルンルン生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る