長谷川朝晴さん語る 松平健さんがくれた幻の焼酎の思い出

公開日: 更新日:

 ドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍中の長谷川朝晴さん。酒は毎晩欠かさず、よく飲むのは赤ワインに芋焼酎のソーダ割り。日本酒もイケる口だ。

「持っていっていいぞ」

 松平健さんがこうおっしゃったんです。

 今から11、12年前。食事をごちそうになった、健さんのご自宅でした。思わず「本当ですか」って聞き返してしまいました。というのも当時、“幻の”といわれ、入手困難だった芋焼酎の「森伊蔵」だったからです。しかも、その日に口開けしたばかりの一升瓶! 同席した5、6人で少し飲んでいましたが、丸ごといただきました。

 今でこそ値段は落ち着いてはきているようですが、その頃はかなりのプレミアがついていて、おいそれと飲める酒ではありません。それをポンとくださったんですから、健さん、太っ腹です。うれしさのあまり、抱えるように持って帰宅しました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る