当時の披露興行は飲み会を毎晩開くのが恒例 鹿児島人は…

公開日:

 1987年、渋谷109で新作落語のネタ下ろしの会、「らくご倶楽部109」が始まる。メンバーは竹丸、三遊亭歌之介、春風亭勢朝、そして春風亭昇太である。

「毎月ネタ下ろしを演じたことで創作力が身に付きました。会の翌日に反省会を開いて、こうしたほうがもっと面白くなると、皆でネタを直し合ったのも勉強になりました。まあ、一番受けてたのは昇太ですけどね(笑い)。その頃作った『愛犬チャッピー』『力士の春』『ストレスの海』なんか今でもやってますよ。地方の落語会では必ず受けるそうです。あいつがいくらギャラをもらってるか教えましょうか」

 それは個人情報だから聞かなかった。

 竹丸が得意とする歴史ものの地噺、「田原坂」「五稜郭」などは、らくご倶楽部109でネタ下ろしした作品だ。

「昇太が『ストレスの海』でNHK新人演芸コンクールに出て、優秀賞を取りました。先を越された私は翌々年、『五稜郭』で出場し、最優秀賞を受賞しました。言っておきますが、優秀賞は2位で最優秀賞は1位ですからね。昇太にそう言ってやったら、彼も負けず嫌いですね。『でも、兄さんが取った賞はそれだけでしょ』って言い返されました。確かに昇太は国立演芸場主催の花形演芸大賞、芸術祭大賞などたくさん取ってます。だから私も言ってやりました。『おめでとうございます』って」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る