優勝したのは東海大2年の田ノ下雄二。今の春風亭昇太です

公開日:

 鹿児島県人は意外と見えっ張りだと竹丸は言う。だからNHK新人演芸コンクールで最優秀賞を受賞した際も、賞金以上の金を使い仲間にごちそうした。

「鹿児島県人は、ここぞという時には散財するんです。なにせ薩摩藩は加賀百万石に次ぐ77万石。県民にはその誇りがありますので、借金してでも見えを張る。金を惜しむと『やっせんぼ』とバカにされます。ダメなやつという意味です」

 竹丸は1957年、鹿児島県鹿屋市で生まれた。本名、徳永良治。幼い頃、大阪に転居し、小学生時代に道頓堀角座で寄席演芸を見て魅せられる。その後、再び鹿屋市に、中学生の時に愛知県常滑市に移り、地元の中学、高校に通学した。

「私は大阪時代になじんだ関西弁をしゃべってました。両親は鹿児島弁、妹は名古屋弁です。それでも家族間の意思疎通に問題ありませんでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る