碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

高橋一生らが好演「僕キセ」は今期一番のハートフルドラマ

公開日:

 高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)が今夜、最終回を迎える。主人公の相河一輝(高橋)は、恩師(小林薫)に招かれた大学で動物行動学の専任講師を務めている。家では住み込みの家政婦(本当は生みの母だった)、山田妙子(戸田恵子)と2人暮らしだ。

 そしてストーリーは……という具合に説明しようとすると困ってしまう。研究者の仕事ドラマではない。事件が起きるサスペンス物でもない。歯科医の水本育実(榮倉奈々)との交流はあるが、恋愛物とも違うのだ。

 一輝は幼い頃から好きな動物や生き物には夢中になれるが、それ以外のことには興味を持てない。他者と折り合いをつけることも苦手だ。

 それは大人になっても変わらず、礼儀正しいけれど、世間の価値観に合わせることは眼中にない。

 少年の頃、周囲の期待に応えようとして苦しくなった時、祖父(田中泯)が「やりたいならやればいい。やらなきゃって思うならやめればいい」と言ってくれたことが救いになっている。そんな一輝に影響されて、育実も学生たちも、学習困難の少年と母親も少しずつ変化していく。

 というわけで、これは“生きづらさ”を抱えながら生きている人たちへの、静かな応援歌みたいなドラマなのだ。高橋の好演と相まって、地味ながらも今期一番のハートフルドラマとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る