碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「忘却のサチコ」の高畑充希は食べる様子がひたすら美しい

公開日:

 うまいなあ、高畑充希。あらためてその演技力に感心してしまう。ドラマ24「忘却のサチコ」(テレビ東京系)のヒロイン、佐々木幸子のことだ。

 幸子は出版社の文芸編集部所属。クセの強い作家を担当しても、編集者としての仕事は完璧だ。次は完璧な結婚を目指していたが、なんと結婚式当日に夫となるはずの俊吾(早乙女太一)に逃げられてしまう。

 そんな傷心の幸子を癒やしてくれるのが美食だ。おいしいものを食べてさえいれば、俊吾を忘れられる。そう、忘却のサチコになれるのだ。

 というわけで、このドラマの見どころは一にも二にも幸子の食事シーンである。たとえば、ロシア料理店でのビーフストロガノフ。幸子は心の中で「一口食べるたびに発見がある。まるで味のマトリョーシカ!」と感動する。またジンギスカンの肉をほお張れば、「ありがとう、羊さん! モンゴルの大平原が私を祝福してくれている」と今にも泣き出しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る