将来は朝ドラヒロイン? 川栄李奈が“脇役”から抜け出す日

公開日: 更新日:

 今週、「2018CM起用社数ランキング」がニホンモニターから発表された。女性のトップは18社の白石麻衣で、2位は15社の広瀬すず。しかし、目を引いたのは綾瀬はるかと同着4位だった女優の川栄李奈(23)だ。昨年の5社から11社へと飛躍的に伸びたためだ。

 今年の川栄はドラマ4本、映画5本に出演するなど大活躍。しかも、来年1月から連ドラ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)、NHK大河ドラマいだてん~東京オリムピック噺~」にハシゴ出演する。

「AKB時代はおバカキャラでしたが、今では立派なバイプレーヤーとして撮影現場で重宝されています。アドリブが効くなど演技力は評価されています」(テレビ局関係者)

 しかし、出演作のほとんどが脇役で代表作はなし。川栄は憧れの役者に光石研木南晴夏などの名バイプレーヤーを挙げているが、当然、女優として主役を張りたい欲もあるだろう。6日に最終回を迎えたドラマ「ブラックスキャンダル」(日本テレビ系)で主演した山口紗弥加など、最近は名脇役にスポットが当たる時代だ。川栄にもチャンスは訪れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る