“出世魚女優”永野芽郁 朝ドラ後の初連ドラで問われる真価

公開日:

 高視聴率を記録したNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを演じ、全国区の知名度になった永野芽郁。11月末にマルハニチロが発表した調査では「今年一番の出世魚女優」に選出されている。

 そんな19歳の新世代女優には、2019年も“追い風”が吹き続けている。1月6日からスタートする連ドラ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系、日曜22時半~。初回は22時~)ではヒロインを演じることが決まっている。

「朝ドラ後初の連ドラ出演を勝ち取るために、民放各局が夏ごろから争奪戦を繰り広げたそうです。なかにはゴールデン・プライム帯のドラマヒロインの座を提示した局もあったと聞いています。何しろ、朝ドラで知名度を上げたうえに好感度も高い永野は、直近の潜在視聴率が10・2%ともいわれている。2ケタ視聴率獲得で躍起になる今のドラマ事情を考えたら喉から手が出るほど出演させたい女優であることは間違いない」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る