安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

公開日:

 女優の満島ひかり(32)が大親友だった安藤サクラ(32)と絶交状態にあることを報じたのは先週発売の「女性セブン」だった。

 きっかけは昨年10月、NHKの朝ドラ「まんぷく」の主演に安藤が“一本釣り”で抜擢されたことだったという。

 満島は朝ドラへの強い思いがあり、オーディションでは毎度最終選考に残るものの、主演を逃し続けていた。近年は人気ドラマや映画で存在感を発揮しており“今年こそ”と意気込んでいたところを、親友の安藤にアッサリ持っていかれたことにプンプン。その直後のイベントが「東京国際映画祭」だっただけに、満島は直前にドレスが気に入らないと揉めたり、イベント後のインタビューに応じないなどワガママぶりを見せたというわけである。

 満島は自分の事務所に安藤を迎え入れ、取材では腹を割って話せる親友として語っていたのだが、今年3月には事務所から独立。最近では安藤のことを親の七光だと中傷しているという声まで聞こえてきているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る