安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

公開日: 更新日:

 女優の満島ひかり(32)が大親友だった安藤サクラ(32)と絶交状態にあることを報じたのは先週発売の「女性セブン」だった。

 きっかけは昨年10月、NHKの朝ドラ「まんぷく」の主演に安藤が“一本釣り”で抜擢されたことだったという。

 満島は朝ドラへの強い思いがあり、オーディションでは毎度最終選考に残るものの、主演を逃し続けていた。近年は人気ドラマや映画で存在感を発揮しており“今年こそ”と意気込んでいたところを、親友の安藤にアッサリ持っていかれたことにプンプン。その直後のイベントが「東京国際映画祭」だっただけに、満島は直前にドレスが気に入らないと揉めたり、イベント後のインタビューに応じないなどワガママぶりを見せたというわけである。

 満島は自分の事務所に安藤を迎え入れ、取材では腹を割って話せる親友として語っていたのだが、今年3月には事務所から独立。最近では安藤のことを親の七光だと中傷しているという声まで聞こえてきているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る