連ドラ不向き説も…二階堂ふみ“もってない”汚名返上なるか

公開日: 更新日:

 これまで「間違いなく才能はあるが連ドラ向きではないのかも……」とドラマ関係者を残念がらせてきたのは二階堂ふみ。映画や単発ドラマの演技で見せるあふれる才能は誰もが認めるところ。だが、これまで重要な役どころを演じた連ドラはことごとく爆死してしまった。

 高視聴率連発のTBS系日曜ドラマ枠の「この世界の片隅に」では妖艶な遊女役を演じネットを騒がせたにもかかわらず全話平均視聴率はヒトケタ止まり(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。一昨年、ヒロインを演じた「フランケンシュタインの恋」も主演の綾野剛ほか豪華俳優を揃えても全話平均は7%台。16年の「そして、誰もいなくなった」も8%台と、数字に恵まれない。

 大河ドラマ「西郷どん」では、奄美大島に流された西郷と恋に落ち、2人目の妻となった愛加那を怪演。「私をアンゴ(島妻)にして」と着物をハラリと脱ぐシーンなど、主演の鈴木亮平をして「感性のバケモノ」とうならせたほど。それでも視聴率は歴代ワースト3という悲惨な結果に終わってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る