西野カナが衝撃の引退発表…20代の“燃え尽き症候群”か?

公開日:  更新日:

「2008年にデビューしてから今まで、音楽を通してたくさんの方に出会い、大好きな音楽に囲まれて、最高の20代を過ごすことができました」――。

 人気歌手の西野カナ(29)が活動休止することを8日、公式HPで突如発表。ファンに衝撃が走っている。昨年はデビュー10周年記念ツアーを行い、大みそかはNHK紅白に9年連続で出場するなど大忙しだったが、2月1~3日の横浜アリーナ公演をラストに無期限の活動休止に入るという。今後は旅行に行きたいと明かすなどしばらくはプライベートを充実させるようだ。

「“着うたの女王”とも“恋愛ソングのカリスマ”と呼ばれていますが30歳目前。この数年は歌詞とは真逆で、多忙すぎてまとまった休日も恋愛する暇もなかったとか。20代を完走した燃え尽き症候群かもしれません」(スポーツ紙音楽担当記者)

「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで、日常の中で音楽を楽しみたいと思っています」と挨拶を結んだ西野。しばらくは自分自身の“トリセツ”を考える日々かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る