FC会報に赤ペン直筆で…中森明菜が綴った“慟哭”の現在地

公開日:

《みんなえー何ひとつ…してあげれてないねー》

 中森明菜(53)がファンクラブ会員向けの会報で、このほどそんなメッセージを送った。

 体調不良による芸能休止から再始動し、昨年まで2年連続でディナーショーを開催。ことしはデビュー35周年を記念したオリジナルアルバムを引っ提げ、ホールでのコンサートをと期待されていたが、頓挫。さらにディナーショー開催もかなわなかった。そんな悔しさからか、赤いペンでの直筆の文面は乱れ、こう続いている。
《こんな…あたしが言える事では…ないのですが…とにかく…なにを…しても…みんなを…元気に…してあげたいだけなのォー》

 ファンを喜ばせ、笑顔にしたい。それだけで自分は生きている。それが自分の役目であり、仕事でもあり、デビューが決まったときから変わらずにそう思っていると切々と繰り返してある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る