碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

特番「新春TV放談2019」NHKだからこそ成立する充実の75分

公開日: 更新日:

 年に1度のレギュラー特番、「新春TV放談2019」(NHK)が2日に放送された。司会はいつもの千原ジュニア(写真)。ご意見番のカンニング竹山や鋭い批評眼のヒャダイン、YOUといったお馴染みのメンバーの他に、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の貴島彩理プロデューサー、「ゴッドタン」(テレビ東京系)の佐久間宣行プロデューサー、SHOWROOM社長の前田裕二氏らが参加していた。

 まず1000人に複数のドラマを挙げてもらった「人気ドラマランキング」を紹介。興味深いのは、このベスト10に入っていない「おっさんずラブ」や「大恋愛」(TBS系)が、1本だけを選ぶ「最も好きなドラマ」のランキングにはしっかり登場してくることだ。

 思えば「おっさんずラブ」の全体平均視聴率は4%で、あの盛り上がりを説明できない。前田氏は「スナックのカウンターの中に客が入ってきた感じ」と言い、ヒャダインもSNSとの相性が良かったことを指摘する。貴島Pの「数字だけじゃない評価で、局内の空気が少し変わってきた」という言葉が心強かった。

 さらにバラエティーの話題では、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレ東系)や、騒動のあった「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)などを例に、テレビの“リアル”をめぐって本音の意見交換。NHKだからこそ成立する充実の75分だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る