碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

公開日: 更新日:

 男が突然、高校に立てこもった。武器は爆弾。人質は3年A組の生徒全員。しかも犯人は担任教師の柊(菅田将暉)だ。

 荒唐無稽な話と思われそうだが、今期ドラマのダークホースかもしれない。事件の背景には、水泳の五輪代表候補だった景山澪奈(上白石萌歌)の存在がある。ドーピング疑惑で騒がれ、周囲から陰湿ないじめを受けていた澪奈が自殺したのだ。

 柊は茅野さくら(永野芽郁)をはじめとする生徒たちに、なぜ澪奈は死んでしまったのかを明らかにしろと迫る。男子は何度か反乱を起こすが、制圧されてしまう。

 第2話では、澪奈の水着を切り刻み、後をつけ回し、自宅に投石したのが宇佐美香帆(川栄李奈、好演)であることが判明。有名人の澪奈を友人にしたかった香帆は、澪奈がさくらと仲良くなったことを恨んだのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る