亡くなって37年…師匠への愛情が名作「彦六伝」を生んだ

公開日: 更新日:

 正月初席の浅草演芸ホール。第1部のトリを務めた木久扇は、十八番の「彦六伝」を演じ、客席を笑いの渦に巻き込んだ。このネタはどのようにして出来たのだろう。

「きっかけは1982年に彦六師匠が亡くなった際、献体をしたことです。師匠の遺言で、目までアイバンクにやっちゃって。だから遺体と対面してないし、葬儀さえやらせなかった。それが悔しくてね。せめて師匠の名前と逸話だけでも後世に残したい。そう思ってまくらで思い出話をしゃべったら受けまして、付け足しているうちに40分近い一席になったんです」

 彦六が83歳で老人ホームの慰問に行き、「皆、俺より若えのばかりだ」と言ったとか、選挙の応援(いつも共産党)に団地に行った際、「長屋の皆さん」と呼びかけたなど、どこで演じても受けるネタだ。

「師匠の逸話集という新しいジャンルの鉱脈を見つけたわけです。亡くなって37年も経つのに、いまだに師匠のネタで稼いでるのは僕くらいのもんでしょう。学校寄席で学生にも受けます。当然、誰もが彦六を知らないのに、『体と声が震える面白いお爺さんの噺』ということで笑ってくれるんですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る