故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

公開日: 更新日:

「この野郎、ばか野郎、てめえ、こら!」

 芸能関係の取り巻きにマスコミの記者やカメラマン、それと東京都の職員、ガードマンらが激突し揉み合う群衆の中心にひと際大声で怒鳴り、暴れまくる男がいた。1991年3月、当時51歳の内田裕也だ。芸能リポーターの城下尊之氏が振り返る。

「都知事選の告示というときでした。出馬を取りやめたアントニオ猪木さんの代わりとばかり、立候補を発表した裕也さんが事前手続きをしようとしたところ、取材させるさせないで揉めに揉めて、やじ馬も取り囲んでの大騒ぎに。裕也さんの、堂々とすべてオープンにすべしという主張からして、選挙のルールやシステムとぶつかり、すぐに警察沙汰。乱闘になっても、裕也さんは逃げないどころか、率先して突っ込んでいくんです。本当に暴れん坊でした」

 ワイドショーのリポーターに扮した映画「コミック雑誌なんかいらない!」(86年)では、ロス疑惑の三浦和義氏に直撃して水をかけられたり、豊田商事会長刺殺事件を再現したシーンで話題になった。社会の、問題の、渦中に突っ込んでいくような精神を行く先々で見せていた。城下氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  3. 3

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  4. 4

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  5. 5

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    教諭体制は日本一も…“国公立の雄”筑波大付属小の落とし穴

  9. 9

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  10. 10

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る