青山佳裕
著者のコラム一覧
青山佳裕

1954年、東京生まれ。美空ひばりの時代から取材歴40年。現在も週刊誌などで活躍するベテラン直撃記者。

エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

公開日: 更新日:

 平成19年、2007年9月29日、映画「クローズド・ノート」の初日舞台挨拶は平成芸能史に残るハプニングがあった。

 沢尻エリカ(当時21)の「別に」騒動である。金髪のかつらに肌を露出したキャミソール姿を見た事務所の先輩女優、竹内結子から「ギャートルズみたいでかわいいね」と言われたことが不機嫌の理由とされたりしているが、どうなのか。

 騒動前、タレントの中山秀征が司会の情報バラエティー「ラジかるッ」にゲスト出演したときも、ぶすっとして、超のつくほどの不機嫌であった。トークはほとんど成立せず、「弱点はなんですか?」との質問に「ないし、あっても教えません」と言っていた。

 直撃取材を試みた。都内の高級スーパーで買い物をしているところをキャッチし、いつものバンで店の前の通りで張り込んでいると、沢尻が顔を上げた。ぱっと人目をひく美女だ。たしかにその表情には険がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る