BTS騒動でテレビから“消滅”も…K-POPライブが大活況のワケ

公開日:

 K―POPグループ、BTS(防弾少年団)の原爆Tシャツ問題に端を発した日韓問題の影響で、K―POPアーティストはメディアから姿を消している。年末の歌謡祭、音楽ライブ等のテレビ特番は「K―POP枠は今のところ白紙状態。TWICEがNHK紅白出場グループということで候補に挙がるくらいですが、またいつどうなることか分からないので未確定」(テレビ関係者)だという。

 そんなK―POPグループのメディア露出激減に反比例して大盛況なのがイベントやライブだという。ガールズグループの次世代新人「公園少女」は日本デビューはまだで、メディア露出ナシにもかかわらず、18日に渋谷モディで行われたイベントは公園通りに人があふれる人気ぶりだった。

「K―POPファンは情報をキャッチする感度が高く、日本版のCDを出していなくても横浜アリーナを埋めるなんてこともあります。例のBTS問題以来、さらに生のライブやイベントに出向くファンも増えているようです」(CDショップ店員)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る