平成の音楽セールスは売り上げ枚数から再生回数の時代へ

公開日: 更新日:

 先週、オリコンが音楽の“平成セールス”ランキングを発表した。シングル、アルバムとは別にアーティスト別トータルランキング(すべてのシングルとアルバムの合計)が面白い。

■B’zは8262.4万枚

 1位はB’zで累積売り上げ枚数が8262.4万枚! 2位のAKB48に2000万枚以上の差をつけてブッチギリだ。平成の30年で割ると1年平均約275万枚。トップ10を見ると、アイドルグループはAKB48と7位嵐のみ、演歌はなし、ほかはすべてバンドなどアーティスト系。テレビにあまり露出しないのが共通点だ。

 10位宇多田ヒカルは最初からほぼテレビに出ないし、9位サザンオールスターズのように年に1回くらい出る時は特集番組など“スペシャル感”を持って登場する。ミスチル(3位)やドリカム(5位)やGLAY(6位)もその傾向だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る