米では逮捕66回でも再起 ピエール瀧逮捕“自粛と賠償”の狂騒

公開日: 更新日:

 ピエール瀧(51)が麻薬取締法違反で逮捕され、出演しているCM、映画、ゲームが軒並み中止や差し替えに動き、マスコミも芸能界も騒々しい。先月の新井浩文の逮捕もあり、最近は即座に出演作品を“お蔵入り”にする風潮に、「作品に罪はない!」との声が高まっている。

 逮捕された俳優が出ている映像作品をどう扱うかについて今のところ規定なんかない。要は“自粛”。CMの打ち切りは当然かもしれないが、ドラマはダメだが、映画はいいのか。ドラッグなら中止で他の犯罪ならOKとか、主役なら中止でチョイ役ならOKとか、何の基準もないまま損害賠償の数字だけが躍り、なんでもかんでも中止の方向だ。これは情けない。

 ここで、海外俳優や歌手のいわゆる“セレブタレント”に目をやると逮捕歴のトップは俳優、マーティン・シーンのなんと66回!(再逮捕が多くて曖昧な数字かもしれないが、とにかく多い)。彼の場合、公民権抗議活動での逮捕だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る