米では逮捕66回でも再起 ピエール瀧逮捕“自粛と賠償”の狂騒

公開日: 更新日:

 ピエール瀧(51)が麻薬取締法違反で逮捕され、出演しているCM、映画、ゲームが軒並み中止や差し替えに動き、マスコミも芸能界も騒々しい。先月の新井浩文の逮捕もあり、最近は即座に出演作品を“お蔵入り”にする風潮に、「作品に罪はない!」との声が高まっている。

 逮捕された俳優が出ている映像作品をどう扱うかについて今のところ規定なんかない。要は“自粛”。CMの打ち切りは当然かもしれないが、ドラマはダメだが、映画はいいのか。ドラッグなら中止で他の犯罪ならOKとか、主役なら中止でチョイ役ならOKとか、何の基準もないまま損害賠償の数字だけが躍り、なんでもかんでも中止の方向だ。これは情けない。

 ここで、海外俳優や歌手のいわゆる“セレブタレント”に目をやると逮捕歴のトップは俳優、マーティン・シーンのなんと66回!(再逮捕が多くて曖昧な数字かもしれないが、とにかく多い)。彼の場合、公民権抗議活動での逮捕だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  3. 3

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  6. 6

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る