労基署が大手に是正勧告…芸能プロはやはりブラックなのか

公開日: 更新日:

■裁量労働制の抜け穴

「現場」のスタッフほど、改善など期待できないようだ。

 原則月45時間とされる時間外労働(残業)の上限を超えさせたとして、サザンオールスターズなどが所属のアミューズ、お笑いの吉本興業、EXILEなどのLDH JAPANが労働基準監督署から是正勧告を受けていた件である。月に500時間働いたスタッフもいたというから、月平均80時間とされた「過労死ライン」など、どこ吹く風。いつスタッフが倒れてもおかしくないような酷使状態が見え隠れしている。

 この是正勧告に各社は労働環境の整備に乗りだす姿勢を公にした。だが某芸能プロデューサーはこう言うのだ。

「例えばタレントがある程度売れてきたとする。専任のマネジャーのほか、さらに付き人もいる場合、とても労基法の時間内で終わるような仕事じゃない。それでどうするか。この専任マネジャーをチーフマネジャーにして、さらに子会社の社長にして、この子会社がマネジメントをしていることにすると、マネジャーは労基法の対象とする被雇用者ではなくなる。法的には経営者ですから、残業代とか、最低時給とかの縛りはない。合法的に残業代を支払わないで済む裏技を熟知しているプロダクション経営者はいくらでもいますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  10. 10

    ケガ人続出でも首位 ソフトB支える育成出身「低年俸選手」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る