自殺に続いてパワハラも 芸能事務所はやっぱり闇深いのか

公開日:

 今年3月、愛媛県のご当地アイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」のメンバーだった大本萌景さん(享年16)が自殺。社長のパワハラなどがあったとして、遺族は所属事務所を提訴している。

 そんな中、先月には、芸能事務所社長が当時社員だった男性に対し、「顔を煮えたぎる鍋につける」などの壮絶なパワハラを行っていたことが発覚。芸能事務所は、とかく闇社会とのつながりが指摘されたりするが、やっぱりヤバイのか。

 芸能プロデューサーの野島茂朗氏が言う。

「一般に芸能事務所の社長の前職はさまざまで、水商売、飲食、広告代理店や出版などのメディア出身、あるいは金持ちの御曹司でアイドルファンという人もいる。中には、暴力団構成員がアイドル事務所の経営を踏み台にしてエンタメ系上場企業の役員になるというケースもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る