今田耕司は“業界タブー”と危惧 芸能人CMギャラ暴露の波紋

公開日: 更新日:

 タレントのCMギャラが一部で公開されたことについて、今田耕司(52)が「業界としてはタブー。タレントさんのプロダクションへの不信感につながる」とコメントし、その影響を危惧した。

 公開したのは、メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」の販売元の松村謙三会長兼CEO(59)。昨年から今年にかけ、ハズキルーペCMに起用したタレントのギャラを週刊文春のインタビュー記事で語ったのだ。それによると、渡辺謙(59)の2億円を筆頭に、舘ひろし(68)は8000万円、武井咲(24)が7800万円、菊川怜(40)が7500万円。いずれも高額である。

 今田はCMでも営業でも、事務所に支払われるギャラの総額は「絶対に言わない」のが芸能界の不文律になっているとしつつ、公表されたギャラについて「この値段は、絶対タレントさんはいただいていない」と訴えた。そうしたブラックボックスの一端がのぞいたことによって、「そんなに入っていたのか」とタレントは怒り、「中間搾取じゃないか」とプロダクションに詰め寄る事態も出てくるのではないかというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る