今田耕司は“業界タブー”と危惧 芸能人CMギャラ暴露の波紋

公開日:

 タレントのCMギャラが一部で公開されたことについて、今田耕司(52)が「業界としてはタブー。タレントさんのプロダクションへの不信感につながる」とコメントし、その影響を危惧した。

 公開したのは、メガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」の販売元の松村謙三会長兼CEO(59)。昨年から今年にかけ、ハズキルーペCMに起用したタレントのギャラを週刊文春のインタビュー記事で語ったのだ。それによると、渡辺謙(59)の2億円を筆頭に、舘ひろし(68)は8000万円、武井咲(24)が7800万円、菊川怜(40)が7500万円。いずれも高額である。

 今田はCMでも営業でも、事務所に支払われるギャラの総額は「絶対に言わない」のが芸能界の不文律になっているとしつつ、公表されたギャラについて「この値段は、絶対タレントさんはいただいていない」と訴えた。そうしたブラックボックスの一端がのぞいたことによって、「そんなに入っていたのか」とタレントは怒り、「中間搾取じゃないか」とプロダクションに詰め寄る事態も出てくるのではないかというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る