由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

歌うことを選んで 60歳でアメリカ在住の男性と2度目の離婚

公開日: 更新日:

 最初、私は母に「歌を辞めて、結婚してアメリカに行きたい」と言ったの。そうしたら、母は大反対! まったく受け付けてくれない状況でした。だから、ずっと長く遠距離恋愛をしていました。毎年、夏休みになるとアメリカを2人で旅行しました。ロサンゼルスで会って、彼とパームスプリングスからソルトレークシティー、サンフランシスコと車で旅をしました。その途中でレークタホでトニー・ベネットのショーを見たりして。

 プリンスの野外コンサートに行ったこともあったわ。とても豊かな時間で楽しかったわ。見るもの聴くもの刺激的だったし、解放されて自由な気持ちになって。

 でも、その彼とも別れがくるの。結婚を反対していた母も亡くなって、私は安田音楽事務所を引き継ぐことになるの。彼は日本に定住できないし、私も全部捨ててアメリカに行くことができなくなって……。そして、やはり歌っていくことを選んだの。何よりこの道を選んだ理由、歌を選んだ答えをはっきりさせなきゃ、終われないって思ったの。そうして60歳の時に別れました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  5. 5

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

  8. 8

    桜を見る会弁明 立ち話で説明を果たしたなんて誰が思うか

  9. 9

    経営統合したヤフーとLINE 市場が気にする両社の「格差」

  10. 10

    首相夫人まで私物化 桜を見る会に“聖心同窓会”アッキー枠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る