由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

歌うことを選んで 60歳でアメリカ在住の男性と2度目の離婚

公開日: 更新日:

 姉(安田祥子)と童謡コンサートは続けてやっていました。私はドラマの仕事とか、その他にもいろんな仕事をしたかったのですが、母が全部断ってしまうんです。でも、このまま童謡コンサートだけやっていくのはつらいなぁって思って。

 それから母は40歳を過ぎた私にカードも持たせてくれなかったの。「若い人たちにご飯をごちそうする時にカードがないと困るわ」といったのですが、「請求書を回してもらえばいいじゃない」なんていって。私は自由になりたい、独立したいって思い始めていたのね。

 ちょうどその頃、スプーン曲げができるような不思議な力がある有名な女性に出会いました。人生相談をやってらっしゃる方でね。私も仕事のことやいろんな話をするようになって、ある時、自宅にお邪魔したら、その方の弟さんがいらっしゃったの。

 彼はアメリカのシアトルに住んでいて、世界中のウェスティンホテルで日本食レストランのプロデュースをしていました。一つのところにとどまっていないコスモポリタンな人でした。その後、彼が日本に帰ってくると一緒に食事をするようになり、お付き合いが始まったんです。私は彼と2度目の結婚をしました。私が50歳の時でした。日本では入籍はしていないのですが、彼はグリーンカードを持っていたから、アメリカで結婚をしたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る