由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

歌うことを選んで 60歳でアメリカ在住の男性と2度目の離婚

公開日: 更新日:

 姉(安田祥子)と童謡コンサートは続けてやっていました。私はドラマの仕事とか、その他にもいろんな仕事をしたかったのですが、母が全部断ってしまうんです。でも、このまま童謡コンサートだけやっていくのはつらいなぁって思って。

 それから母は40歳を過ぎた私にカードも持たせてくれなかったの。「若い人たちにご飯をごちそうする時にカードがないと困るわ」といったのですが、「請求書を回してもらえばいいじゃない」なんていって。私は自由になりたい、独立したいって思い始めていたのね。

 ちょうどその頃、スプーン曲げができるような不思議な力がある有名な女性に出会いました。人生相談をやってらっしゃる方でね。私も仕事のことやいろんな話をするようになって、ある時、自宅にお邪魔したら、その方の弟さんがいらっしゃったの。

 彼はアメリカのシアトルに住んでいて、世界中のウェスティンホテルで日本食レストランのプロデュースをしていました。一つのところにとどまっていないコスモポリタンな人でした。その後、彼が日本に帰ってくると一緒に食事をするようになり、お付き合いが始まったんです。私は彼と2度目の結婚をしました。私が50歳の時でした。日本では入籍はしていないのですが、彼はグリーンカードを持っていたから、アメリカで結婚をしたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る