由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

「手紙」のヒットと“全員集合”がきっかけで夫婦生活に亀裂

公開日: 更新日:

 いずみたく先生とのご縁で「夜明けのスキャット」がヒットして、私はチャンスを掴むことができました。でも、この時(昭和44=1969年)は女性の歌い手さんが大豊作の年だったんです。「フランシーヌの場合」を歌った新谷のり子さん、「真夜中のギター」の千賀かほるさん、「時には母のない子のように」のカルメン・マキさん、東芝には黛ジュンさん、奥村チヨさん、小川知子さんの3人がいました。それから渚ゆう子さんや欧陽菲菲さんも出てくるんです。あのころは本当にすごかったんだから! 私はこの競争に負けるわけにいかなかったわけ。

 CMディレクターの大森昭男さんと結婚したのはそんな時なんです。とても繊細で、尊敬できる方でした。ただ、いずみ先生の「夜明けのスキャット」の曲がヒットしたこともあって、私にCMソングを歌わせなくなりました。先生は「オールスタッフ」という音楽出版とCM制作の会社を持っていましたから。「夜明けのスキャット」以降、私は大森さんにとってライバルの会社にいる人ということだったんでしょう。彼は本当は自分の手で私を世に出したかったのだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る