由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

童謡アルバムを会場で手売り 年10ヶ所の出前コンサートも

公開日: 更新日:

 NHKホールでの15周年の童謡コンサートの後、母が「あなたたちの童謡のアルバムを私のために作ってちょうだい」と言い出したのね。それをレコード会社に伝えたら、「教材なら……」と冷たくあしらわれちゃったんです。

 時代はバブル絶頂期ですからね。童謡なんてだれも売れるとは思いません。でも、プロが歌うんだから、「レコード屋さんで売っていなくて教材だけなんて嫌よね」って、あの時は姉と2人で憤慨しました。そしてだれも見向きもしてくれない状況が2年続きました。

 それで、母がレコード会社(東芝EMI)のトップに直談判しに行っちゃったんです。「私の棺にいれる1枚の童謡のアルバムを作りたいんです」と掛け合った。「お母さんにそう言われちゃったら」と向こうが折れ、やっと作ることになったんです。

「夜明けのスキャット」と同じディレクターの方にお願いしました。彼は「童謡・唱歌というのは日本人みんなが思いを寄せて聴いてきた歌だから、2人の個人的な思いを入れるのはやめましょう」という考えでした。つまり「ふるさと」はだれかの故郷ではなくて、みんなの「ふるさと」でなければならないと。だから、「由紀さん、ちょっと『由紀さおり風』が出てます」といわれたりしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る