由紀さおり
著者のコラム一覧
由紀さおり歌手

1948年、群馬県桐生市生まれ。3歳で横浜へ。ひばり児童合唱団出身。洗足学園短期大学英文科卒。1969年、「夜明けのスキャット」が大ヒット。紅白歌合戦に10年連続出場。実姉の安田祥子とも童謡コンサートを続け、2011年に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム「1969」が世界的大ヒットを記録した。

童謡アルバムを会場で手売り 年10ヶ所の出前コンサートも

公開日: 更新日:

 NHKホールでの15周年の童謡コンサートの後、母が「あなたたちの童謡のアルバムを私のために作ってちょうだい」と言い出したのね。それをレコード会社に伝えたら、「教材なら……」と冷たくあしらわれちゃったんです。

 時代はバブル絶頂期ですからね。童謡なんてだれも売れるとは思いません。でも、プロが歌うんだから、「レコード屋さんで売っていなくて教材だけなんて嫌よね」って、あの時は姉と2人で憤慨しました。そしてだれも見向きもしてくれない状況が2年続きました。

 それで、母がレコード会社(東芝EMI)のトップに直談判しに行っちゃったんです。「私の棺にいれる1枚の童謡のアルバムを作りたいんです」と掛け合った。「お母さんにそう言われちゃったら」と向こうが折れ、やっと作ることになったんです。

「夜明けのスキャット」と同じディレクターの方にお願いしました。彼は「童謡・唱歌というのは日本人みんなが思いを寄せて聴いてきた歌だから、2人の個人的な思いを入れるのはやめましょう」という考えでした。つまり「ふるさと」はだれかの故郷ではなくて、みんなの「ふるさと」でなければならないと。だから、「由紀さん、ちょっと『由紀さおり風』が出てます」といわれたりしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る