好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

公開日: 更新日:

 4月15日に第2話が放送された窪田正孝の主演ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系)の平均視聴率は12・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回から0・4ポイント数字を落としたとはいえ、好調に推移しているといえるだろう。この数年、フジの月9枠は低視聴率に苦しんできたが、「ラジエーションハウス」の収録現場からは「雰囲気が非常に明るい!」といった声が漏れてくる。

 今回の好調な数字を牽引しているのは、“スーパー放射線技師”を演じる主演の窪田ではなく、ヒロイン役の本田翼(26)だろう。本田は「今、最も脂が乗っている女優」として業界関係者の間で評判になっている。それがドラマの中心にドンッと座っていることが今回の成功の秘密だ。

■綾瀬はるかをもイジる技術

 実は筆者は本田の“オーラ”に間近で接したことがある。2017年10月期に放送された綾瀬はるかの主演ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の収録現場に“潜入取材”したところ、たまたま本田が準主演で出演していたのだ。本来なら主演の綾瀬が現場を懸命に盛り上げようとするものだが、あの現場では本田が代わりにその役割を担っていた。本田はわざと綾瀬にちょっかいを出したりして、共演者やスタッフの笑いを誘っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る