永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

公開日: 更新日:

 毎年この時季になると、タレントの新CMが流れ始める。今年、最もたくさんCMに出演する“日本一売れている”女性タレントが誰なのか探ってみた。

 参考になるのが、毎年発表されるニホンモニターの「CMタレント起用社数ランキング」だ。昨年の1位は「乃木坂46」の白石麻衣(26)の18社。これに続くのが広瀬すず(20)の15社だった。さらに有村架純(26)、ローラ(28)、渡辺直美(31)の3人が同着3位で白石、広瀬を追う展開だった。

 そんなランキングに今年は早くも“異変”の兆しが出ている。白石と広瀬の“2強”は変わらなそうだが、昨年の“圏外”からトップに肉薄しそうなのが永野芽郁(19)。現時点で5社とスポンサーCM契約を結んでいるが、これからますます契約が増えそうだ。

「自動車、メガバンク、アパレル、製薬会社といった企業から出演オファーが殺到しているそうです。昨年のNHK紅白歌合戦の舞台裏で広瀬さんのスタッフと永野さんのスタッフの間で“緊張が走った”などと報じられましたが、確かに2人はさわやかで可愛らしく、キャラがかぶります。スポンサーの調整が難航しそうです」(広告代理店関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  5. 5

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る