K-POPの次なる“本丸”はアメリカ 進化の行方と日本への影響

公開日: 更新日:

 新アルバムの予約枚数が300万枚を突破し、アジア人では前人未到の人気を持つモンスターグループBTS。5月4日、ロサンゼルスを皮切りに世界8都市を回るスタジアムツアーがスタートした。

 その背後をピッタリとマークしているのが、BLACKPINK。4月から本格的にアメリカ進出を果たし、新曲「Kill This Love」のMVはわずか2週間足らずで、なんと2億4000万ビューを突破した。

 K―POPグループはこれまで日本でスタジアムツアーをすることを最終目標としてきた。日本のファンの趣向に合った親しみやすいコンセプトで勝負を仕掛けてきたが、これも終焉を迎えつつある。

 その象徴がBLACKPINKの新曲。力強くかっこいい女性の姿を描いたミュージックビデオになっている。ヒーロー願望が強く、強い女性が好きな米国ファンのために作られたと言っても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る