K-POPの次なる“本丸”はアメリカ 進化の行方と日本への影響

公開日: 更新日:

 新アルバムの予約枚数が300万枚を突破し、アジア人では前人未到の人気を持つモンスターグループBTS。5月4日、ロサンゼルスを皮切りに世界8都市を回るスタジアムツアーがスタートした。

 その背後をピッタリとマークしているのが、BLACKPINK。4月から本格的にアメリカ進出を果たし、新曲「Kill This Love」のMVはわずか2週間足らずで、なんと2億4000万ビューを突破した。

 K―POPグループはこれまで日本でスタジアムツアーをすることを最終目標としてきた。日本のファンの趣向に合った親しみやすいコンセプトで勝負を仕掛けてきたが、これも終焉を迎えつつある。

 その象徴がBLACKPINKの新曲。力強くかっこいい女性の姿を描いたミュージックビデオになっている。ヒーロー願望が強く、強い女性が好きな米国ファンのために作られたと言っても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る