「フェリーニのローマ」戦車と裸馬が駆ける狂乱の環状道路

公開日: 更新日:

1972年 フェデリコ・フェリー二監督

 フェリーニがローマへの愛を捧げた作品。ストーリーはなく、荒唐無稽な映像が続く。「世にも怪奇な物語」(1968年)の「悪魔の首飾り」が好きな人は必見だ。

 1930年代、ひとりの若者がローマのアパートに間借りする。そこはマザコン男やだて男、巨体の女など雑多な人々の寄り合い所帯だ。夜のテラスでは民衆が大声で笑い、歌いながら旺盛な食欲を発揮する。

 71年の現代。自由に生きる若者たちを大人は堕落したと批判する。一方、昔の高級娼館に目を移せば、男たちが半裸の娼婦を値踏みして楽しんでいる。

 再び現代。地下鉄工事を阻むのは古代の文化だ。ローマでは100メートル掘るごとに遺跡にぶつかり、発掘調査で工事がストップ。ある宮殿では老いた姫君が教会のファッションショーを開き、「昔はよかった」と涙を流すのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る