「やくざの墓場 くちなしの花」極道と警官が癒着するワケ

公開日: 更新日:

1976年 深作欣二監督

 警察と暴力団の癒着を描く。国立映画アーカイブ(京橋)で開催中の「映画監督 深作欣二」で5月3、16日に上映される。「県警対組織暴力」(75年)の姉妹編のような内容だ。

 関西の大都市。巨大組織の山城組とミナミを地盤とする西田組が対立する中、刑事の黒岩(渡哲也)は西田組の捜査を担当している。警察は署長までが両組織から接待と金品を受けて癒着。黒岩はおとり捜査で西田組の下っ端をパクり、署長の指示で同組との手打ちの宴(うたげ)に呼ばれる。癒着を拒絶する黒岩は賄賂を突き返して席を立つ。そこに組顧問の岩田(梅宮辰夫)が現れ、黒岩を鉄拳で一撃。

 まもなく黒岩は西田組の金庫番の啓子(梶芽衣子)と深い仲に。西田組と他組織の結縁パーティーに出席した黒岩は岩田と大喧嘩するが、岩田から「俺は朝鮮人だが、義兄弟になって欲しい」と頼まれ、固めの杯を交わす。しかし警察上層部と結託した山城組の巻き返しで岩田とともに追い詰められるのだった……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る