「早春」サラリーマンの悲哀で味つけしたある夫婦の危機

公開日: 更新日:

1956年 小津安二郎監督

 夫婦の危機を描いた作品。

 東京・丸ビルの会社に勤める杉山(池部良)は妻の昌子(淡島千景)と結婚8年。通勤仲間の行楽グループに入っている。ある夜、メンバーの千代(岸恵子)と食事し、誘惑に勝てず一夜を共にしてしまう。夫の浮気に気づいた昌子は家を出て女友達のアパートに。そんな中、杉山は会社の要請で岡山の山深い工場に転勤する。ほどなく昌子も到着し、2人は再出発を誓うのだった……。

 昌子は夫にかまって欲しいが、朴訥(ぼくとつ)な性格の夫は妻に無関心。こうした夫婦の愛憎劇に、サブのテーマが盛り込まれている。冒頭の2人が起床する場面は夫婦の倦怠(けんたい)感が漂い、東京駅の通勤風景を眺める社員は「まるでサラリーマンの反乱だ」とため息をつく。最初の5分で夫婦関係とサラリーマン生活のむなしさを暗示している。

 面白いのは後者。杉山の同期社員は闘病の果てに若くして死亡。派閥争いのあおりで退職しカフェを経営している河合(山村聡)は通夜の席で「彼はサラリーマン生活の嫌な面を見ないで死ねた」「人生に面白いことはないよ」と語る。先輩社員の小野寺(笠智衆)は退職願望を吐露。河合の店の常連客(東野英治郎)は「31年勤めて退職金はわずか」「息子にだけはサラリーマンになって欲しくなかった」と嘆く。杉山が出席した戦友会では男たちが生き残ったことを喜びつつも、どこか寂しげだ。このように夫婦喧嘩をサラリーマンの悲哀で味つけした2層構造によって物語に深みを持たせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る