てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

MCに甘え自分を貫き仕上がった「ずん飯尾」の愛されキャラ

公開日: 更新日:

「タカさんたちが笑ってくれて商品化です!」(飯尾和樹/フジテレビ石橋貴明のたいむとんねる」6月10日放送)

 脱力したキャラが人気の「ずん」の飯尾和樹(50)。彼の代名詞のひとつであるギャグに「よろけたついでに由美かおる」がある。実はこれ、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)で追い詰められた末に生まれたものだという。

 狩野英孝に投げ飛ばされた後、微妙な空気になってしまうと、石橋貴明から「どうすんの?」というパスが来た。その時に「後輩に投げ飛ばされたついでに由美かおる」と即興で返した。すると、爆笑。それを振り返ったのが今週の言葉だ。

 野球少年だった飯尾は、プロになることを夢見ていたが挫折。公務員も目指したが、いつしか、もともと好きだったお笑いの道に進みたい気持ちが募り、浅井企画の門を叩いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る