三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

そろそろ私を特集インタビューでだしてくれませんかね?

公開日: 更新日:

 46歳2児の父親、埼玉に住んでる落語家の三遊亭鬼丸です。今週はこの芸能欄に我らが鈴々舎馬風師匠の連載もあって落語ジャックの様相の紙面ですね。なのでより演芸色を強めるために今日はある演芸情報誌をご紹介します。「東京かわら版」です。

 よく落語初心者の方の「どこに行けば落語を見られますか」なんて質問に対しては「東京かわら版を買って」と答えることが多いです。なぜならこの雑誌は東京その他首都圏で行われる落語会の大小問わず全てを網羅している奇特な月刊誌なのです。空いてる日にちや見てみたい落語家の名前から検索してもよし、場所や入場料で選ぶもよし、見たい落語の演目もネタ出しの落語会なら見つけることができるんです。さらに旬の芸人の特集インタビューがあったり巻頭には有名人の落語にまつわるエッセーがあり、過去には小泉今日子さんやビートたけしさんが寄稿したことも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る