三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「芸人で食っていける」という考えがずうずうしいのでは?

公開日: 更新日:

 まだまだ収まらないんですかね、吉本興業の騒動は。もう何が問題なんだか分からなくなってきてますけど、そんな中で今回は私がちょっと違和感を覚えている吉本の給料が安いことについて触れたいと思います。

 我々、東京の落語家はほぼ全員がフリー、売れれば個人事務所でやってます。これは昔の東京の落語家は大手事務所(ナベプロとか)ができる前からテレビ、ラジオに出ていて、その流れで、いまだに個人商売の感覚から抜けてないからなんですよ。さらに弟子でも師匠の事務所に所属しなければいけないわけではないんです。それに比べると関西の落語家は皆さん事務所に入ってますよね。これは戦後の四天王といわれた落語家がみんな吉本や松竹の事務所所属だったため弟子も師匠と同じ事務所に自動的に入るシステムだからでしょう。でもそのおかげで関西には文枝、さんま、鶴瓶、文珍ら全国区の落語家が存在してます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る