三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

「芸人で食っていける」という考えがずうずうしいのでは?

公開日: 更新日:

 まだまだ収まらないんですかね、吉本興業の騒動は。もう何が問題なんだか分からなくなってきてますけど、そんな中で今回は私がちょっと違和感を覚えている吉本の給料が安いことについて触れたいと思います。

 我々、東京の落語家はほぼ全員がフリー、売れれば個人事務所でやってます。これは昔の東京の落語家は大手事務所(ナベプロとか)ができる前からテレビ、ラジオに出ていて、その流れで、いまだに個人商売の感覚から抜けてないからなんですよ。さらに弟子でも師匠の事務所に所属しなければいけないわけではないんです。それに比べると関西の落語家は皆さん事務所に入ってますよね。これは戦後の四天王といわれた落語家がみんな吉本や松竹の事務所所属だったため弟子も師匠と同じ事務所に自動的に入るシステムだからでしょう。でもそのおかげで関西には文枝、さんま、鶴瓶、文珍ら全国区の落語家が存在してます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  10. 10

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る