三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

闇営業ギャラ問題…くまだまさしの3万円は安すぎるのでは

公開日: 更新日:

 まだまだ吉本の報道が続きますねぇ。すでに反社会的集団のことはそっちのけですけどね。ところで、この問題の発端になったパーティーでの余興。落語家としてはやっぱりとても気になるわけですよ。まずギャラね。宮迫さんの100万円は妥当な気がしました。そこでヒット曲も披露してくれたんですから歌手の相場としてもお得感がありますよね。そしてここからは敬称略でいきますがレイザーラモンHG(10万円)やムーディ勝山(3万円)は少し安かったんじゃないでしょうか。やはり一発屋といわれてても一世を風靡したわけですし、他の事務所の一発屋芸人の表営業の相場からみても20万円ずつは最低取れたんじゃないでしょうか。くまだまさしがパンチ浜崎と同じ3万円ということはネタはやらなかったんでしょうか。もし、くまだまさしがネタをやってるのに3万円なら、くまだファンの私としては黙っていられません。15万円はあげてください!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る