三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

闇営業ギャラ問題…くまだまさしの3万円は安すぎるのでは

公開日: 更新日:

 まだまだ吉本の報道が続きますねぇ。すでに反社会的集団のことはそっちのけですけどね。ところで、この問題の発端になったパーティーでの余興。落語家としてはやっぱりとても気になるわけですよ。まずギャラね。宮迫さんの100万円は妥当な気がしました。そこでヒット曲も披露してくれたんですから歌手の相場としてもお得感がありますよね。そしてここからは敬称略でいきますがレイザーラモンHG(10万円)やムーディ勝山(3万円)は少し安かったんじゃないでしょうか。やはり一発屋といわれてても一世を風靡したわけですし、他の事務所の一発屋芸人の表営業の相場からみても20万円ずつは最低取れたんじゃないでしょうか。くまだまさしがパンチ浜崎と同じ3万円ということはネタはやらなかったんでしょうか。もし、くまだまさしがネタをやってるのに3万円なら、くまだファンの私としては黙っていられません。15万円はあげてください!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る