養成所制度の弊害“吉本騒動”の根本は膨れ上がった芸人の数

公開日: 更新日:

 吉本問題で浮き彫りになったのはワイドショーや情報番組がいかに多く、芸人がワンサカ出ていることではないか。

 最近のテレビは、事件や事故、芸能ニュースを扱うワイド、情報、軽めの報道番組ばかりになってきた。今や専門家、識者と同じくらい芸人が番組に出て、政治や世界情勢を偉そうにコメントしている。芸人にすれば事件扱いで報道された今回の吉本騒動を“専門家”としてしゃべれるわけだ。バラエティーよりもワイドの方が目立てるから、ウーマン村本のようなコメンテーターを目指す芸人が増えるのも当然だ。

 現在、吉本芸人は6000人ともいわれる。芸人の多さは養成所制度の弊害だ。三十数年前、NSC(吉本の養成所)が誕生(ダウンタウンが1期生)。弟子入りしなければ芸人になれない演芸界において、養成所は画期的で若い才能を発掘し育てる利点があった。

 しかし、年々生徒を増やし、2000年代の芸人ブームもあって芸人が膨れ上がり、それが商売にもなった。だが、そこは芸能プロとして本末転倒ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  8. 8

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る