売り言葉に買い言葉 談志に「何が飛んできても知らねえ」

公開日: 更新日:

 1983年6月、柳家小さんは、落語協会を脱会した立川談志を破門した。

「あの兄さんはその日の気分で、言うことがコロコロ変わるんだよ。それで周りが振り回されちゃう。俺が仲裁に入った時、素直に謝っときゃ、小さんは談志一門の独立を認めた上で、師弟関係はそのまま続いたと思うよ」

 立川流創設から2年後の1985年10月、談志の弟子の談生が落語協会に戻る一件でも、談志は気分屋の一面を現した。

「談生が俺んとこへ来て、『落語協会に戻って寄席に出たい』と言う。『師匠とは話がついてます』って。小さんに話を通したら、『おめえが面倒見てやれ』と言われた。それで弟子にしたわけだ。すると間もなく、談志兄貴から電話があった」

 馬風は、「弟子を引き取ってくれてありがとう」と、礼を言われるものと思った。もっともである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る