「3万円は返さないことにした」立川談志は常にネタを意識

公開日: 更新日:

 そもそも木久扇におバカキャラの与太郎役を振ったのは、初代司会者の立川談志だ。

 1966年に「笑点」が始まった際、談志は大喜利メンバーに、キャラクターを割り振った。

 先代円楽は「物知り」、桂歌丸は「批評家」、柳亭小痴楽は「都会人」、三遊亭小円遊は「乱暴者」、林家こん平は「田舎者」といったあんばいである。

 69年からレギュラーに加わった木久扇(当時は木久蔵)は与太郎役を任じられた。

「談志さんは当時から若手を引っ張ってくれてました。我々二つ目をいろんな所に連れていき、いろんな人に紹介してくれる。口は悪いけどあったかい人でしたね」

 木久扇が談志に気に入られたのは前座時代、気が利く若者だったからだ。ある時、寄席の高座を降りた談志が汗びっしょりで、「湯屋に行きてえ」と言ったので、自分用の洗面道具とせっけん箱、簡易カミソリ、手拭いを差し出した。談志は「気が利くねえ」と言って銭湯へ出かけたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る