「3万円は返さないことにした」立川談志は常にネタを意識

公開日: 更新日:

 そもそも木久扇におバカキャラの与太郎役を振ったのは、初代司会者の立川談志だ。

 1966年に「笑点」が始まった際、談志は大喜利メンバーに、キャラクターを割り振った。

 先代円楽は「物知り」、桂歌丸は「批評家」、柳亭小痴楽は「都会人」、三遊亭小円遊は「乱暴者」、林家こん平は「田舎者」といったあんばいである。

 69年からレギュラーに加わった木久扇(当時は木久蔵)は与太郎役を任じられた。

「談志さんは当時から若手を引っ張ってくれてました。我々二つ目をいろんな所に連れていき、いろんな人に紹介してくれる。口は悪いけどあったかい人でしたね」

 木久扇が談志に気に入られたのは前座時代、気が利く若者だったからだ。ある時、寄席の高座を降りた談志が汗びっしょりで、「湯屋に行きてえ」と言ったので、自分用の洗面道具とせっけん箱、簡易カミソリ、手拭いを差し出した。談志は「気が利くねえ」と言って銭湯へ出かけたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る