<7>前座時代に円丈師匠主宰の「実験落語会」に誘われて…

公開日: 更新日:

 歌吾(4代目円歌の前座名)が入門した1978年当時、落語協会は前座見習の数が飽和状態で、正式な前座になるまで2年近くかかった。その間は師匠の付き人として雑用をこなす傍ら、新聞配達をして生活費を稼ぐ毎日だった。

 前座の同期生は立川談志門下の談吉(現談幸)と柳家小さん門下の小たか(現小三太)である。

「談吉は談志師匠も認める優等生で万事に気が利くやつ。小たかは『与太郎』で有名なダメ前座です。両極端の2人が仲間でした」

 前座になって3年目、新作落語の旗手と言われた三遊亭円丈(写真)主宰の「実験落語会」に誘われる。本来、前座は落語の基本である古典落語を勉強するもので、新作落語を演じるのは許されない。しかし、円丈はそんな慣例を無視して、前座にも新作をやらせた。

「もともと新作落語がやりたくてこの世界に飛び込んだので、渡りに船の誘いでした。作っている時からワクワクしました。当然出来は悪かったけど、ちょっとでも受けると快感が半端じゃない。何作か作った中で、一番好評だったのが『寿の春』です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  6. 6

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  7. 7

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  8. 8

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

  9. 9

    防衛大で“異次元”と訓示 安倍政権で防衛予算10兆円の恐怖

  10. 10

    母・光子さんの陰で…フィルムに焼き付いた宮沢りえの“闇”

もっと見る