復帰秒読みザブングル 加藤歩“堅実クーポン生活”目撃情報

公開日: 更新日:

「謹慎前はこの界隈でよく見かける芸能人だったので、正直、レア感はなかったんですが、熊本でしたっけ? ボランティア活動をしているという報道を見ていたので、ああ、戻って来たんだなって」(都内在住の40代男性会社員)

 宮迫博之(49)ら11人の芸人らと反社会勢力との忘年会に参加し、謹慎処分となっていたお笑いコンビ「ザブングル」の加藤歩(44)と松尾陽介(42)。所属事務所であるワタナベエンターテインメントは、加藤と松尾が忘年会のギャラとしてカラテカ入江慎也からそれぞれ7万5000円の金銭を受領していたことに加え、本人たちの申し出により熊本県内の介護施設でのボランティア活動の実施、そして8月末までの謹慎期間を早々と公表。後手後手に回った吉本興業との差を世間に印象付けたのは記憶に新しいが、予定されている謹慎期間終了までカウントダウンに突入し、2人は住まいのある東京へ戻ったのか。イケメンではないほう、加藤歩の目撃情報が寄せられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る